探偵の調査責任の所在について

探偵選びのポイント【責任の所在】

探偵を選ぶ際にとても重要な事なのにちょっと見過ごされがちなことが、

 

「探偵の責任の所在」

 

についてです。

 

 

探偵社に連絡した場合、近くの喫茶店やホテルのロビーなどで待ち合わせし相談することって非常に多いことです。

 

これ自体は大した問題ではありませんが、

 

「探偵事務所内では会ってもらえない」

 

ってことです。

 

事務所の場所が非常に遠い場合もありますが、責任の所在をあいまいにするために、探偵事務所の所在地を明らかにしていない探偵社も多く存在しています。

 

最近では、フリーランスの探偵に依頼して安く上げようなんて人も出てきていますが、それこそ責任の所在が不明瞭な場合も多いだけでなく、調査や、報告書の信頼性も低く、安くても全くダメだったって事のなりかねません。

 

探偵の調査は場合により裁判の有用な証拠にもなるものです。

 

そういった場合に曖昧なことにならないよう、責任の所在・事務所の場所がハッキリしており、事務所での面談を断らないような探偵社を選ぶことが重要なポイントの一つになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵コラム調査責任
結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを前もって協議します。1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど請求される調査費用も多額になります。探偵事務所によっても、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。不倫の問題を相談するなら弁護士に相談しましょう。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するべきです。もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。女性の場合、近所の奥さまや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂のタネになりたくないなら、絶対にやってはいけません。カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられる場合があります。履歴が見慣れない場所であった場合気を付けなければいけません。それに加えて、しばしば給油されていた場合、車によりデートしている可能性はゼロではありません。結婚相手の浮気調査を委託する場合、びっくりするするほどに低料金だったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、細やかな料金設定がされており、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所が望まれます。その他、関係団体に届け出ているのか事前に調べておくべきです。違法調査を実施しているところへは依頼は控えた方がよいでしょう。浮気現場の日時がわかっていると、調べる時間が少なくて済むので、調査費用は安くなりますよね。ですが、いつ浮気をしているかわかっていたとしても、顔見知りにいって写真撮影をお願いすると、ほとんど駄目でしょう。ひそかに証拠を握りたいときにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。探偵の浮気調査を例に挙げても時には失敗することもあります。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、失敗しない保証がごく稀にあります。配偶者がいきなり車や電車を使ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠入手が困難です。GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に取り付けておいて、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在地を把握したり、記録されたデータを後で読み出し行動の様子を分析したりします。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。こうすることによって、パートナーの行き先や滞在した時間も割り出すことができるでしょう。着るものが今までと違った系統になってきたら、よくない兆候です。趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服をチョイスしてきたら、かなり怪しい臭いがします。その時、お洒落な下着をはくようになってきたら、浮気をしているかもしれません。例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めます。携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとしてごく自然に使われるからです。近年、メールやラインで連絡をことも増えていますが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。ふとした時に電話している可能性は十分考えられますね。探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。当然ですが、調査員が少ない人数なら安く、増えるほど高くなります。また、尾行のために車やバイクで移動すると、交通費や車両費として別途請求されることがありますので要確認です。