探偵社の調査能力や報告書の信頼度が高い

探偵選びのポイント【調査能力と報告書】

探偵選びでやはり大事なのは調査能力ですよね。

 

探偵の調査能力についてですが、調査能力にもいくつかの種類があるのを御存じでしょうか?

 

 

 

調査能力とはどんなものか?その内容についてですが

 

  • 調査員のスキル
  • 尾行する能力
  • 調査の為の機材
  • 写真や動画、音声の撮影能力
  • 調査員の数とチームワーク

 

そして見過ごしてはいけないものが

 

  • コネクションと調査のノウハウ

 

です。

 

当然ながら、調査能力に関して、独自に説明することは非常に難しいかもしれません。

 

しかし、長年運営している老舗の探偵社や経営年数が短くても運営母体がしっかりしている(公的に信頼性が高い団体など)ところが運営している場合はコンプライアンスもしっかりしているため信頼性も高い傾向にあります。

 

経営が良好な所ほど調査員の研修やスキルアップの向上に努めていたり、最新の機材を整えています。

 

探偵社を選ぶ際に、その探偵社がどのような機材を使っているのかとか調査員の調査方法などを相談の段階で聞くことも大変有用だと思います。

 

 

探偵を選ぶ際に、どうしても目先の料金の安さばかりに目が行きガチですが、実際は、調査員のスキルや能力、機材、そしてコネクションなどでも大きく調査への影響が出てきます。

 

能力が低いと、信頼性の低い調査書しか出てきません。

 

調査能力が高いと鮮明な画像や動画なども貰えるので裁判などになっても証拠としての強みになります。

 

探偵に浮気や不倫の調査を依頼するときのポイントとして調査能力と報告書も視野に入れて探偵を選んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵コラム調査能力
探偵事務所の探し方として、口コミを確認する方法があります。当然、該当する探偵事務所の公式サイトに記載されているような口コミではなくて、全然関係のない掲示板や相談サイトに載っているような口コミをチェックするといいでしょう。その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合があるでしょう。探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、失敗しない保証が少なからずあります。パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。それか、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠写真も撮れません。浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発覚してしまった場合、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、相当低い料金設定であったり、高料金に設定されている事務所ではなく、料金設定が細分化されていて、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所がオススメです。そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか前もって確認しておきましょう。法外な調査をしているところには委託しない方がよいでしょう。探偵が尾行する際の料金はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。当たり前のことですが、調査員が1人であれば安く、多いほど高くなります。そして尾行の際、移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認がいります。だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、普通は3~4日が目安です。とはいっても、これはあくまで平均の期間です。浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあるのです。一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査員に伝えられていた場合は、調査期間は1日で済むこともあります。離婚ということになってもかまわない、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし、単独で行くのは、揉める元なので、できるだけ避けましょう。あなたが信じて頼れる人と行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するという方法があります。法律の中では、婚姻関係にある人が自分から夫婦ではない異性と男女の関係になることを浮気といいます。すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていなれば、一緒に出かけたりしても、不倫ではないのです。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。GPS装置を用い、頻繁に行く場所を調査して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず来るはずなので、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。あまり予算が無い場合には、地図情報システムで調査するのも、ひとつの方法ではあります。ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう恐れもあります。探偵をバイトでしている人のいる場合があるんです。探偵としてのアルバイトを調べてみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。このように、バイトが仕事をしている探偵事務所も多いのです。浮気の調査をお願いする場合には、個人的な情報を伝えなければ不可能です。ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、見た情報を他人に流すことも否定できません。